しっかりと洗顔効果を発揮させるコツ

カテゴリ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

オススメ記事

よく泡立ててから洗顔

最近よく見かける洗顔パウダーですが、これは他の洗顔料と比較して何が良いのでしょうか?
まず洗顔パウダーには酵素が含まれており、この酵素には古い角質や毛穴の黒ずみ、角栓を洗い流したり、ニキビ予防の効果があります。そのためこれらの症状に悩まれている方にはおすすめな洗顔料です。そして洗い上がりが他のタイプの洗顔料よりスッキリ洗い上がるため、脂性肌や夏場の洗顔にもおすすめです。
ですがこの洗顔パウダーには注意すべき点があります。それはパウダー状のため、よく泡立ててから洗顔しないとパウダーで肌を傷つけてしまう恐れがあります。
そしてパウダー状なので水気のある場所には置いておけません。そのためお風呂で使う場合は、使わない時はいったん下げておく等する必要があります。
酵素が入っているため、敏感肌の方にはピリピリして合わないことがあります。そして既にニキビが出来ている時も使うのをやめましょう。酵素はあくまでニキビの予防であって治療ではありません。その辺をよく踏まえておきましょう。
洗顔パウダーは、メリットも多いですがデメリットも多いです。使い方を間違えても効果が薄れてしまいます。より正しい方法で使うようにしてください。

ベーシックな使い方

最近注目を集めている洗顔パウダー。元は粉状になっていてそれを泡立てて洗顔します。一般的な洗顔料や泡タイプの洗顔料は洗っている内に泡がヘタってしまいます。それに洗顔パウダーは、洗顔中ずっと泡がヘタることなくもっちりした弾力をキープしますので肌へのダメージを防ぎます。また、泡がきめ細かく、泡が細かいことにより、毛穴の奥まで入り込み汚れを浮かせ洗い上げます。
パウダーですが保湿成分にもこだわっているので洗い上がりのつっぱり感もなく、肌に必要な成分は守って不要な分のみを洗い流すので肌の保湿力も上がり小じわを防ぐ効果もあります。
泡立て方も簡単で、皮脂汚れなどを落とした綺麗な手に洗顔パウダーをティースプーン1杯分出し、大きな円を描くイメージで空気を入れながらキメ細かい泡が出来るまで泡立てます。もちろん洗顔ネットなどを使用しても大丈夫です。
洗顔パウダーの注意点としては粉状ですので湿気を嫌います。その為お風呂場などの湿気が多い場所での保管には向いていません。持ち運びに便利な個別包装タイプの洗顔パウダーは使い切りなのでそのような点を心配しなくてもいいので初めは個別包装から始めてみるのもいいでしょう。洗顔は肌の為にもとても大切です。洗顔パウダーは肌の事を十分に考えられていますのでぜひ使用してみてください。

記事リスト

2017年10月27日
生活必需品として購入を更新しました。
2017年10月27日
しっかりと洗顔効果を発揮させるコツを更新しました。
2017年10月27日
女性のスキントラブルを解決を更新しました。
2017年10月26日
最適なパウダーで肌の汚れを洗い流すを更新しました。